マイホーム

家づくりで妥協しては、絶対ダメなポイント

新築住宅を作る時に、何も考えずに作ってしまうと失敗します。妥協してしまったがために、住宅性能が著しく落ちて長持ちしないというトラブルもあるため注意が必要です。妥協してしまうと後からトラブルが起こり、早期リフォームをしないといけないケースもあります。そうなると余計にメンテナンス費用がかかってしまうことになります。また、建て替えのリスクも発生するため、余計な費用を支払わないようにどの部分を妥協してはいけないのか知っておきましょう。

まず耐震性能が十分あるローコスト住宅を選ぶことが大事です。耐震性能が悪いと地震によりすぐに倒壊してしまいます。そこで、各工務店が行っている地震対策を確認しておきます。例えばオリジナルの建具を使って建築しているのか、どのような工法を使用しているのかチェックしましょう。他にも耐震等級はどれくらいあるのかも調べておくと安全です。

家が倒壊すれば建て替えをしないといけないため、余計な費用がかかります。しかも住宅は安い買い物ではないため、負担が大きすぎます。次に妥協してはいけないのが断熱性です。断熱性が悪いと冬は寒く夏は蒸し暑くなってしまうため、水道光熱費が非常にかかってしまいます。断熱性が優れたローコスト住宅なら夏は涼しく冬は暖かいため、冷暖房を使う機会も減り水道光熱費を削減できます。

なお住宅の断熱性能の指標となるものの1つに、UA値というものが設定されているので知っておくと良いです。UA値が小さいほど断熱性能の高い住宅と言われています。ローコスト住宅に使われている断熱材は大手と同くらい良いものが使われているケースがあります。そのため、値段に対してそこまで悪くはありません。しかし、それぞれの商品によって熱伝導率は違うため、調べておくのが安心です。

住宅の外壁は時間経過により劣化します。劣化具合は外壁材などに大きく関係するので注意が必要です。質の悪い外壁材を使っているとリフォームの頻度も上がり、メンテナンス費用もたくさんかかります。劣化しやすいものは購入してから短期間で見た目も悪くなりやすくなるので注意しておきましょう。家づくりをするときに外壁を選ぶのなら、高機能なものにしておくと後々不満も出てきません。

例えば金属系のサイディングを選ぶのが安心です。金属系のサイディングは断熱性能が高い、強度が高く軽量で地震に強いとメリットが多いです。また施工を行いやすく、ローコストな家づくりにおいて使い勝手が優れています。デザインが限られているため、ここは不満が出るところですが、総合的に見るとおすすめです。

関連記事
家
ローコスト住宅のメリット・デメリット

ローコスト住宅を購入するにあたって、知っておきたいのがデメリットとメリットです。基本的にローコスト住宅はユニットのグレードが低いケースが...

記事を読む

noimg
実際にローコスト住宅に住んだ人のブログを集めてみたよ

ローコスト住宅は実際に建築してみないと、使い勝手が分かりません。そこで実際にローコスト住宅を建築した人たちのブログをチェックして、問題ないの...

記事を読む

マイホーム
ローコスト住宅は地震が起きても大丈夫?

ローコスト住宅を購入する時に、最も注意しておきたいのが耐震性能です。耐震性能が悪いと地震で建物が倒壊する恐れがあるため気をつけないといけ...

記事を読む

noimg
家づくりの際に、サッシの色は何にすればいい?

住宅建築をするときは窓にもこだわりましょう。窓に使われているパーツにはサッシがあります。サッシは住宅性能と大きく直結している要素なので、どの...

記事を読む

noimg
新築を建てる際、注目したい水回りのポイントについて抑えてみた

新築を建てるときには、水回りの工事で失敗しないようにしましょう。もし万が一でも失敗すると余計に費用がかかってしまいます。基本的に新築を建てる...

記事を読む

noimg
新築を建てるなら、入っておきたい保険について

新築一戸建ては値段も高いため、後々のトラブルを考えると保険に加入しておいた方が安全です。ちなみにローコスト住宅の場合は、保険への加入が義務付...

記事を読む

noimg
新築の玄関づくりで失敗しない方法とは?

新築住宅の顔となる玄関は、慎重に作る必要があります。もし何も考えずに玄関を作ってしまうと、使いづらくなってしまうので注意しておきましょう。ま...

記事を読む

noimg
新築を建てる際、予算オーバーしてしまったらどうすればいい?

家を建築するために計画をしたけれど、予算オーバーになることもあります。ローコスト住宅は安価ですが、それでも設備機器や壁紙、水回りの配置によっ...

記事を読む