マイホーム

新築を建てる際、予算オーバーしてしまったらどうすればいい?

家を建築するために計画をしたけれど、予算オーバーになることもあります。ローコスト住宅は安価ですが、それでも設備機器や壁紙、水回りの配置によって予算オーバーすることがあるので注意しましょう。設計やり直しはかなり面倒なため、できるだけ初期段階で予算オーバーに気づくことができれば、スムーズにプラン調整をすることができます。

プランを見て予算オーバーだった場合は、できるだけ必要のない要素を削ぎ落とします。例えば水回りの配置ですが、できるだけ一か所に固めるようにしましょう。また、トイレの数を減らすと大幅なコストダウンができます。他にも設備機器についてもこだわりのない部分はグレードダウンすることも計画します。必要最低限の機能が揃っているものを選べば、余計な費用がかかることもありません。

ローコスト注文住宅を建築するときには、間取りにも注意しましょう。部屋数が多い建物は建築資材が多く必要です。そのため余計にお金がかかってしまうのがネックです。どれくらいの部屋数が必要なのか、将来の家族の数も考慮して間取りを決めます。なお、物件は凹凸が多いほど費用が増す部分にも注意しておく必要があります。

一般的に建築物は箱型に近いほど建築資材が少なくなるため、費用もあまりかかりません。既製品のローコスト住宅もボックス型のものが多いです。ローコスト注文住宅を新築で購入するのなら、壁紙のコストダウンをしましょう。例えば天井や壁に貼り付ける壁紙は、別々のものにすると費用が増します。仕上げ材が違う場合、別々の施工が必要になるため、専門職人の数も増えます。

壁紙を使うのなら同じ種類のものを採用し、同じ職人に一度に施工を行ってもらえるようにしましょう。新築のローコスト住宅を建築するときには、どのような理由で建てるのかも重要な部分です。例えば狭いスペースに狭小住宅を建築する場合は、ビルトインガレージにして駐車場を作ることができます。その際ビルトインガレージに関係のない要素はすべて取り払います。あれもしたいこれもしたいと要望が増えると、施工の手間もかかり費用も増します。

設計事務所を利用してローコスト住宅を作る時に、設計やり直しが頻繁に起こると住宅を建てるまでの時間も増えます。一般的に予算オーバーになる理由は要望が多すぎて、こだわりを重視してしまうところにあります。住宅の耐震性や断熱性能に関係のない要素なら、思い切って削減することが大事です。

関連記事
noimg
新築を建てるなら、入っておきたい保険について

新築一戸建ては値段も高いため、後々のトラブルを考えると保険に加入しておいた方が安全です。ちなみにローコスト住宅の場合は、保険への加入が義務付...

記事を読む

家
ローコスト住宅のメリット・デメリット

ローコスト住宅を購入するにあたって、知っておきたいのがデメリットとメリットです。基本的にローコスト住宅はユニットのグレードが低いケースが...

記事を読む

noimg
家づくりで妥協しては、絶対ダメなポイント

新築住宅を作る時に、何も考えずに作ってしまうと失敗します。妥協してしまったがために、住宅性能が著しく落ちて長持ちしないというトラブルもあるた...

記事を読む

noimg
新築の玄関づくりで失敗しない方法とは?

新築住宅の顔となる玄関は、慎重に作る必要があります。もし何も考えずに玄関を作ってしまうと、使いづらくなってしまうので注意しておきましょう。ま...

記事を読む

noimg
実際にローコスト住宅に住んだ人のブログを集めてみたよ

ローコスト住宅は実際に建築してみないと、使い勝手が分かりません。そこで実際にローコスト住宅を建築した人たちのブログをチェックして、問題ないの...

記事を読む

マイホーム
ローコスト住宅は地震が起きても大丈夫?

ローコスト住宅を購入する時に、最も注意しておきたいのが耐震性能です。耐震性能が悪いと地震で建物が倒壊する恐れがあるため気をつけないといけ...

記事を読む

noimg
家づくりの際に、サッシの色は何にすればいい?

住宅建築をするときは窓にもこだわりましょう。窓に使われているパーツにはサッシがあります。サッシは住宅性能と大きく直結している要素なので、どの...

記事を読む

noimg
新築を建てる際、注目したい水回りのポイントについて抑えてみた

新築を建てるときには、水回りの工事で失敗しないようにしましょう。もし万が一でも失敗すると余計に費用がかかってしまいます。基本的に新築を建てる...

記事を読む